四季折々の半蔵門の風景をお届けします。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

<半蔵門だより> 【一】 2014.6.18

半蔵門は、もともと江戸城の玄武門として内濠を仕切って作られた高麗門である。正面の大手門に対しては裏門の役割で、それは皇居となった現在も変わらない。半蔵門の名称は通称で、後年伊賀組服部半蔵正就の組屋敷がここにあったことから名づけられたものだというが、皇居となっても呼び名は変わらなかった。

 幕末の頃は、麹町筋から内藤新宿をえて江戸の西郊から農産物等の搬入される要路でもあって、幕末の写真には俵を積んだ牛車などが写っている。現在交番のある濠端には、高札場があり札之辻とも呼ばれていた。

 半蔵門の呼び名は、交通標識にはあるが地名にはない。門前の地名は千代田区麹町である。

<半蔵門だより>バックナンバーへ

 

 

 

撮影;2014年6月


◇株式会社エサップ◇東京都千代田区麹町、半蔵門駅より徒歩2分。創業30年以上、出版・編集で培った技術を生かし、正確なトランスクリプション(テープ起こし・反訳・速記)をお届けします。

更新情報                

 
 
 

* インタビュー・シンポジウム・座談会・研究会

* IRトランスクリプション

* 医学・薬学・経済、その他

日本語・英語・その他外国語トランスクリプション(テープ起こし・反訳・速記)に必要なものは、録音された内容に対する理解力です。音に適することばを考え、句読点や段落をつけて文章化する。そのためにはリサーチと理解力、そして適切な用字用語を用いた文章力が要されます。弊社では、出版・編集で培った技術を生かしたトランスクリプションに努めています。また、サマリー作成業務も承ります。


 

* 翻訳 ~ IR・経済、医学、議事録

* 英語・フランス語・中国語・韓国語・ロシア語 その他

* 字幕作成

ビジネスがグローバル化しても、言語の壁は越えられないものです。その壁を少しでも低くするもの、それが翻訳です。当社の強みであるトランスクリプションや編集技術を生かし、さまざまなサービスを展開しています。例えばインタビューをトランスクリプションし、さらには翻訳、編集し、冊子として出版するという展開も可能です。


株式会社エサップ(本社)へのアクセス


本社[半蔵門線半蔵門駅下車、A3出口より徒歩2分]
東京都千代田区麹町1-8-8 グランドメゾン麹町602
Tel 03-3234-3304 / Fax 03-3234-4516
E-mail info@esapp.co.jp



  
  

  * 企画・編集・校閲・制作

  * 出版
   (脳腫瘍実践ケーススタディ[1・2巻]発売中)

研究論文を長く手掛けてきた経験を生かし、医学書を含めた多分野の本の編集を行っております。また、インターネットの普及により簡単に情報を発信することができる今こそ、校閲作業の重要性が増していると言われています。書籍だけではなく、さまざまな媒体の校閲を行っております。

  

   イベント運営

  * シンポジウム運営・研究発表会進行

事務局の設置、スケジュール調整、シナリオづくり、そして当日の司会進行。イベント運営ではするべきことが多岐にわたってあります。弊社では事前のリスクを想定し、当日のイベントをスムーズに、そして事後については翻訳/トランスクリプション/編集の体制を生かして成果物をお届けいたします。



トップページトランスクリプション(テープ起こし)翻訳編集制作・出版・イベント会社概要・実績・取引先地図・お問い合わせ
半蔵門だより ■ メディアコンパス(ふじみ野通信)

Copyright © ESAPP. Allrights Reserved.