業務案内

SERVICE

動画サービス

インターネットの普及や末端機器の発達にともない、ウェブ上で見られる動画は今や膨大な数にのぼります。Youtubeが隆盛を極め、動画が手軽なコミュニケーションメディアとなった現代はまさに「動画の時代」です。

動画は視聴者への高い訴求効果が見込めますが、同時に視覚聴覚を拘束するため、ともすれば情報伝達や記録管理が非効率になる危険性もあります。
エサップはお客様の目的に応じて、最適なサービスを提供します。

字幕翻訳

グローバル化する世界において、映像による情報伝達の重要性はますます大きくなっています。
2018年にインバウンド訪日者数は3000万人を超えました。日本政府観光局(JNTO)の資料によれば、アンケート調査で訪日旅行前に動画情報を参考にしたと回答した人の割合は世界の多くの地域で増加傾向にあります。

2020年の新型コロナウィルス流行によって、様々なイベントが動画配信による公開を始めました。こうした中でも、動画配信はアクセスの手軽さ、分かりやすさから、国際的な情報共有の手段として今後もその重要性を増していくと思われます。エサップでは長年培ったトランスクリプション、翻訳、編集の技術を活かし、コンテクストに最適な映像翻訳に取り組んでいます。日本及び外国文化の紹介、コンベンションの記録、教材ビデオ等にお役立て下さい

1.記録ビデオ(日本語/英語/中国語等)から字幕翻訳を制作する場合

  1. 総括ビデオの作成(記録動画の編集)
  2. 原語のトランスクリプション作成
  3. 翻訳
  4. 字幕のための編集
  5. 字幕挿入
  6. 校正
  7. 字幕翻訳ビデオ完成
料金

基本料金10万円+1分ごとに1万円
(例)ビデオ5分の場合
100,000+50,000=150,000円(税抜き)

2.記録ビデオ(日本語/英語/中国語等)から字幕を制作する場合(翻訳なし)

  1. 総括ビデオの作成(記録動画の編集)
  2. 原語のトランスクリプション作成
  3. 字幕のための編集
  4. 字幕挿入
  5. 校正
  6. 字幕翻訳ビデオ完成
料金

日本語
基本料金2万円+1分ごとに1,000円
(例)ビデオ5分の場合
20,000+1,000=25,000円(税抜き)

※英語/中国語の料金はご相談ください。

実績

笹川平和財団
パネルディスカッション:中国の対外戦略-「新時代」の意味するもの【英日】【日英

映像の文書化サービス

1.ビデオトランスクリプション

定例会議や取引先との打合せ等、リモート会議は当たり前のこととして定着してきましたが、どのように記録に残すかという点に関しては、方法論が定着していません。

エサップでは3人以上の参加者がいるウェブ会議の録音録画から発言者を特定した会議録文書を作成します。従来業務において培ってきた録音・記録・編集技術をもって高品質なウェブ会議録を実現します。

ウェブセミナー、ウェブシンポジウムにも対応します。

料金

逐語会議録:発言を逐語的に文書化し、ニュアンスを残したもの

納期:3営業日後 会議の長さ1時間まで¥34,000(税抜)
1時間を超える場合、30分刻みで¥17,000(税抜)

リライト会議録:語調を統一し、読みやすく整文したもの

納期:3営業日後 会議の長さ1時間まで¥60,000(税抜)
1時間を超える場合、30分刻みで¥30,000(税抜)

要約会議録:発言内容を要約したもの

納期:3営業日後 会議の長さ1時間まで¥80,000(税抜)
1時間を超える場合、30分刻みで¥40,000(税抜)

 

※会議の長さは2時間以内を目安としております。

※納期をお急ぎの場合はご相談ください。

pagetop